沖縄の町並み空間歩く旅         ホーム ウォーキング 桜の名所 紅葉の名所


沖 縄







赤瓦と石垣の町並み
沖縄は鹿児島から約1000kmも離れている為、平均気温22〜23度という気候に加え、
サンゴが見えるほど透き通った海まぶしいほどの青空という自然に囲まれています。

2001年のNHK朝ドラ
「ちゅらさん」人気で、県外からの旅行客が絶えません。
ただ、自然環境は「台風」という厄介物の通り道になっており、その
沖縄独特の環境が今の住宅のあり方を決定しています。

サンゴの石灰石で積まれている石垣は強風から家を守る壁であり、フクギと呼ばれる木を住宅の周りに植えて防風林としています。又、サンゴ礁による自然の防波堤により、津波の恐怖を克服しています。

それら、沖縄独特の特徴を今でも残す豪農の家が、本島にある「中村家」であり、またその町並みが重要伝統的建造物郡保存地区に指定されているのが石垣島に近い竹富島です。

ここは、沖縄の原風景といえる古い町並みが見られ、約480年前の
琉球王朝時代の役所跡「蔵元」が今も残っています。

潮のかおりがいっぱいの竹富島は
「かおり風景100選」に選ばれています。

では、本島から見て行きましょう。

まず沖縄一の名城といわれた中城(なかぐすく)城跡の近くに  中村家  があります。

中村家の先祖である賀氏が1720年頃地頭職になり、その頃に主屋が建てられたらしいのです。

亜熱帯気候において、古い木造建築が保存しにくい環境にあっては今でもよく残っているゆえに、
国の重要文化財 に指定されています。

外観は風通しを良くする為に開放的であり、又雨と強い日差しをさえぎるために軒や庇の出が大きく、そして最も目に引かれる
特徴 と言えば シーサーの乗る屋根 でしょう。

ゆったりとした勾配に赤い丸瓦と平瓦がテンポよく並べられており、そして白の漆喰で塗り固められており、その
赤と白のコントラスト が澄みきった 青空に美しく映えます

ただ、一般の住宅の屋根は大正時代まではほぼ科茅葺きであり瓦は昭和に入ってからだそうです。

[竹富島の町並みを歩く]
今度は石垣島まで飛んで行き、そこから高速艇で10分程で
 竹富島 に着きます。周囲9kmの小さな島にその町並みは存在します。

道には
白砂が敷き詰 てあり家々は1.5m程のグック と呼ばれる 石垣 で守られ、防風林の緑とあいまって美しい風景が展開されています。家も整然と並んでいますがそれも台風対策のようです。

03年から05年にかけての修復作業が終わり07年12月に、
日本最西端、最南端国の重要文化財として指定を受けた旧与那国家住宅があります。現在公開されています

又、島には日本最南端にあるお寺、
喜宝院 があり、隣には民族資料館もあります。

この島でのドラマロケは多いです。
「ちゅらさん」のほかに2005年の 「夢で合いましょう」、1991年の「恋人よ」などありました。



沖縄の町並み散策ガイド地図









案 内 沖縄に関するリンク集です
 中村家
 住所:沖縄県北中城村大城 106

 案内:那覇空港から車で40分

 
竹富島
 住所:沖縄県八重山郡竹富町竹富島
 
 案内:石垣島から高速艇で10分

 交通機関のチェックは

 JR西日本 JR東日本 沖縄県バス協会

 沖縄バス(株) 大阪南港カーフェリー

 八重山観光フェリー で見てください

気になる天気は
竹富島の天気情報でチェック
      
 竹富島ねっと

 
沖縄県

 
沖縄中村家

 
竹富島ゆかぶ館
竹富島の情報です。

沖縄県のHPです

中村家の情報です。写真を参考にして下さい

竹富島の地図が見れます
おいしさと名物 見どころ・行くところ
 ■ 沖縄の美味しい物は色々あります

 チャンプルー
シマ豆腐を主材料として色々な野菜や肉を取り混ぜた油炒めです。その代表が
「ゴーヤチャンプルー」ですね。

 沖縄そば
小麦粉を原料にしたもので、うどんに似ています。

 イカ墨料理
イカ墨を練り込んだもので、カレーやパンなどがあります。

 泡盛
皆さんご存知の沖縄の銘酒ですね。



 ■ 沖縄の行事はみどころ一杯です

 種子取祭り
600年の歴史をもつと言われる秋のお祭りで9日間行われ島が祭り一色となるユニークなものです(竹富島)

 水牛車観光
竹富島の名物です。黒い水牛に引かれてのんびりと沖縄の自然を味わうのもいいかもしれません
(竹富島)

 エイサー祭り
沖縄の伝統的な盆踊り。旧盆明けの週末誰でも参加できます。
 (ゴザ運動公園)又、ここの歌や楽器の音が「日本の音風景100選」に選ばれています。
 
ホエールウォッチング
毎年出産子育てのために北極海からはるばるやってくる
ザトウクジラの雄姿を専用ボートに乗って逢いに行きましょう。

 
足をのばしたいところ  
 ■ 沖縄は、ほかにも興味深い場所があります

 首里城
14世紀頃に出来たと言われる沖縄最大の城です。正殿は沖縄戦で焼失したものを復元してありますが、首里一連の遺跡が世界遺産に登録されています。

 中城城跡(なかぐすくじょう)
世界遺産に指定されている城跡です

 今帰仁城跡
琉球が中山に統一される前の「三山鼎立時代」には山北王の居城とし、また中山が三山を統一後には琉球王府から派遣された監守という役人の居城でした。
2000年に座喜味城跡、勝連城跡、中城城跡、首里城跡、園比屋武御嶽石門、玉陵、識名園、斎場御嶽と共に本村の今帰仁城跡の九つの資産が「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として
世界遺産リストに登録されました。

 フナウサギバナタ
マリンブルーの海にサンゴ礁が見れる岬。感動ものです。
(宮古島)

 与那国島海底神殿
あのグラハムハンコックもお墨付きの
15000年前の遺跡かも。
ダイビングの好きな方はぜひその目で確かめてください。ダイビングのツアーとして考えてみませんか。

 JA天然温泉アロマ
宜野湾市大山にある温泉。露天風呂があり、かなり大きな
岩風呂で、日本風の庭が作られている。庭を見ながら温泉に浸かっていると、ここが沖縄とは思えない。

 斎場御嶽(せーふぁうたき)
平成12年(2000)に
世界遺産に登録された、琉球の創世神話に登場する沖縄の七御嶽のなかでも、最も格の高い聖地とされている。もともとは男子禁制の場で、琉球国王でさえ、聖域内に入る際には女性用の衣装に着替えたと伝えられています。

 
カイジ浜
星砂で有名なビーチです(竹富島)

 
ジュゴンのみえる丘
ジュゴンの見える丘からは、嘉陽の浜が一望できます。干潮時にはリーフの上まで歩いていくことが出来ます。

嘉陽の浜では干潮時の夜、イザリ漁が行われ、リーフに隠れる大きなエビを捕ったり、貝やタコを取ることが出来ます。

 美ら海水族館
大水槽を泳ぐジンベエザメやイルカショーが人気で、沖縄県の著名な観光地となっている。2005年(平成17年)にアメリカのジョージア水族館が開館されるまでは世界最大の水族館であった。

 沖縄アメリカ軍基地
この問題なしに沖縄は語れない。

 石垣島の美ら星
毎年行われている旧暦の七夕に合わせて市内の八島新港地区広場で開催されている
「南の島の星まつり」では、島民が協力して民家やホテル、商店の明かりを一斉に消すと満天の星が広がるのです。 



豆 知 識
 シーサー
「シーサー」は中国より伝わった魔よけですが最初は、神社やお城の門前などに置かれていましたが、19世紀中ごろには一般にも普及し始めました。
口を開けている理由は
幸せを呼び込むとされているようです。

一説によると、屋根職人が「シーサー」を、お礼として建主に贈ったものだとか。色々な表情があり、比べてみるのも楽しいです。

 ひんぷん


沖縄独特の気候(台風など)から、家々が開放的であるために、視線除け風除けとして家の正門に当る部分にサンゴの石灰石で積まれている石垣の壁を設けてあります。これが「ひんぷん」です

魔よけとも言われていますが,左右の入り方により、身分や男女の区別もあったようです。


上へ

      ホーム ウォーキング  桜の名所 紅葉の名所

 
  函 館 弘 前 角 館 佐 原 大内宿 川 越 妻 籠 金 沢 高 山 美 濃 関宿 近江八幡 鳥居本 今井町 富田林 

   
神 戸 吹 屋 倉 敷 倉 吉 竹 原 石見銀山  柳井 内 子 脇 町 有 田 長 崎 飫 肥 知 覧 沖 縄